日銭稼ぎのために高速道路工事現場で交通整理

失業して再就職するまでの日銭稼ぎのために、高速道路での真冬の深夜の工事現場に立つ交通整理のアルバイトをしたことがあります。

少しは貯金があったのですが、それも底を尽きそうになり、このままでは生活費を消費者金融から借りることになると思い働きました。

普通は報酬をもらうのに翌月まで待たされますが、臨時の仕事のため1週間の短期で、仕事が終わった時点で手渡しで報酬が支払われるというのが魅力でした。アルバイト情報誌を読んで直接電話したら即決でした。
一応、安全のために事前に2時間ほど安全講習が義務づけられていましたが、時間がないため本番の直前に詰め込まれました。正直な話うろ覚えです。
初日と2日目は、よほど人手が足りなかったのか、まったくの未経験にもかかわらず通常ならベテランが配置されるはずの一番の難所に配属されました。
片側の車線で工事用の重機が轟音を立てる中、反対側の斜線をダンプトラックがばく進して行きます。その間の狭いセンターラインに立って赤いLEDバトンを振るのです。肩の横20センチ離れたところをトラックがかすめ、一晩じゅう生きた心地がしませんでした。
命の危険を感じて途中で辞めようかとも思いましたが、吹きさらしの深夜の高速道路上では逃げる方法もありません。
現場リーダーも不憫に思ったのか、3日目からは打って変わってヒマな現場に移されました。出入り口のゲートのところでたまに工事車両が通るときだけゲートを開ける簡単な仕事で、3人で班を作っていたため車の中で交替で暖をとることもでき楽勝でした。
終わってみればあっという間の1週間、二度とやろうとは思いませんでしたが、真面目にやっていたのがリーダーの目に留まったのか、その後も何度か臨時のアルバイトに誘われました。真面目にサボらず仕事するだけで貴重なのだそうです。再就職が決まってからは本業が忙しくなり誘いを断りましたが、失業中はアルバイト代がつなぎ資金になりとても助かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>